日本のISAと英国のISAはどこが違うのでしょう? 日本版ISAのモデルとなった英国のISAは、預金ISAと株式ISAに分かれており、預金ISAは16歳以上、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式ISAは18歳以上の英国居住者であれば、国民保険番号と住所だけで口座開設可能です。 預金ISAは約69万円が上限で、二つのISAを合わせて年間約138万円が限度額となっています。 いつでも換金可能で、換金した分の枠が戻らないのは、日本も英国も同じですが、英国であるなら、ファンド(詐欺まがい、詐欺そのものの悪徳業者に引っかからないよう、慎重に判断する必要があるでしょう)間のスイッチングなどが可能になる場合もあるかもしれませんね。 また、恒久的な制度である英国のISAは、運用時も換金時も非課税です。 でも、今のところ時限措置である日本のISAは、予め決められた非課税期間のみ非課税になります。 日本のISAであるNISAは、20歳以上の日本居住者であれば、1人一口座持つことができますが、金融機関にNISA口座開設を申し込む際には住民票などの証明書類が必要です。 非課税になるのって、年間100万円の投資枠による利益の全てで、原則として運用できる期間は5年(持ち越すことで最長10年)、上限は500万円となっています。 投資対象となる商品は、英国のISAのほうが債権や保険などがふくまれていて多様ですが、日本のISAも今後は対象となる投資商品(ブームになった頃には、おいしい時期は過ぎているという説もあります)が増えていくかもしれませんー